倉敷市の歯科医院。虫歯治療、歯周病治療、矯正歯科、ホワイトニング、口臭治療、インプラント…柴田歯科医院
柴田歯科医院 HOME

医院紹介
医院紹介
柴田歯科医院からのお知らせ
院長プロフィール
スタッフ紹介
診療内容
診療の流れ
歯周病
矯正歯科
         
         
         


ホワイトニング
口臭
インプラント
その他
院内案内
待合室・外観
診療室
機器・設備

周辺地図
ブログ
日本歯科医師会 よ坊さん
先生お勧め →TV_CM 見てね!

日本歯科医師会 テーマパーク8020
歯列形成研究会
HOME>診療内容 > 矯正歯科
    矯正歯科と歯列育形成について1.矯正治療の流れ2.歯科矯正装置のいろいろ>3.症例
         
矯正歯科治療の症例



クリックすると 症例を表示します
プレート・マルチブラケット
プレートのみ
ムーシールド
抜歯矯正
反対咬合
非抜歯で矯正


プレート・マルチブラケットの症例

症例1 M.Yさん
治療前6才
下の前歯4本がガタガタになって生えました。上の乳歯も隙間がなくこのままでは永久歯がきれいに生えません。
治療中

プレートで顎を拡大します。
歯列拡大によってかなりきれいに並びましたが、上の歯列の仕上げをマルチブラケット装置で行ないました(2期治療)
動的治療終了時:11才
きれいに並び、健康的な笑顔です^^。
       

プレートのみの症例
症例  S.Kさん6才
初診時
上下顎ともに閉鎖型乳歯列で下顎前歯が内側に生えてきました。
治療
上下プレートで拡大していきました。
治療後 (12才)
歯列の拡大だけできれいな永久歯列となりました

ムーシールドの症例

R.Hちゃん 5才
治療前
乳歯列で反対咬合(受け口)です。
ムーシールドを使用しました。
反対咬合改善(5ヵ月後)
後戻り予防のためその後も1年間ムーシールドを使用しました。

抜歯矯正の症例

症例4 S.Sさん15才
治療前:上下歯列とも叢生が強く抜歯(上下4本の小臼歯)して治療することになりました。
治療中:11ヵ月後
動的治療終了時 歯並びがきれいになって、笑顔がかわいらしいですね。



反対咬合の症例
反対咬合(受け口)

症例5 T.Oくん 6才

治療前
永久歯の前歯が反対咬合(受け口)です。レントゲン検査により上顎骨の劣成長が見られました。
まず、上顎骨前方牽引装置を使用し反対咬合を改善しました。その後マルチブラケット装置で歯列を整え、経過を見ました。
動的治療終了時:10才
咬み合せは安定しており、顔つきもバランスがよくなりました。


非抜歯で矯正の症例
T.Sくん 11才
治療前
上下の歯列が狭く、叢生(乱杭歯)がみられますが、歯列を拡大することで抜歯せずに治療することにしました。
治療中
歯列拡大のため、上顎にクワドヘリックス装置、下顎にリップバンパーを装着しました。

歯列拡大後、マルチブラケット装置にて仕上げました。
動的治療終了時 13才
(2年2ヶ月後)
きれいになりました。歯列を拡大したので非抜歯でも顔貌に問題はありませんでした。